独楽ログ〜こまログ〜

45歳、女性、日本人、がひとりで毎日楽しくすごす方法を検証。

CITI BIKE ニューヨークは自転車天国②

 

5月のマンハッタン〜橋を渡ってブルックリン〜クィーンズコース

 

 それではこのCITY BIKEに乗って出かけたコースです。

drive.google.com

 がこの日の二大目的で、土曜日だからついでにスモーガスバーグにも寄りたいな、という目論見もあった。泊まっていたのはチェルシーなので、ここからダウンタウンへまず南下し、マンハッタンブリッジを渡り、ブルックリンへ。そのあと北上してクィーンズへ、途中、スモーガスバーグで小腹を満たす、というコースを作った。この日は摂氏32℃の真夏日。水をたっぷり用意して(←すごく大事だった)いざ出陣。

 

 土曜だからなのか、チェルシーからぐっと東に向かい、イーストヴィレッジやチャイナタウンを抜けて、マンハッタンブリッジを目指す。橋のたもとまでは土曜の朝だからか、どこもスカスカ、陽射しはまだ上がりきっておらず、めちゃくちゃ気持ちよく走れる。自転車ってこんなに楽しいのかあ、と感動。

f:id:camecon:20191208141452p:plain

マンハッタン橋入り口。ここから試練が始まる

 ただひとつの難関はマンハッタンブリッジ越えだ。橋のふもとに行けばわかるが、まあこれは……そう簡単ではない。まず橋に上がるまでが結構な坂と距離だし、やっと橋に出ても半分まではゆるやかな上り坂なので、かなりきつい。そして橋全体は全長2089m、想像以上に長い。

f:id:camecon:20191208142135j:plain

やっと橋のはしっこにたどりついた。ここから反対側まで2km

 

私は日頃鍛えているし、このとき予想外に自転車乗りが楽しくてテンション最高潮だったので、うおおおおー、と力を出し切って漕ぐ楽しさを味わったが、日頃いっさい鍛えていない夫は「あのときは本当に死ぬかと思った」と後々まで言い続けた。本当にしんどかったらしい。ここまで読んで、じゃあやめよう、と思う方がほとんどかもしれないが…いやでも、それでもやる価値はあるのです。あまりにも疲れたら途中で降りて休み休み行けばよいし、とにかく橋の真ん中までくればあとは下り坂で、それまでがんばったご褒美のようにスライダー体験が味わえる。なにより橋から眺めるマンハッタンとイーストリバーとブルックリンは他では見られない眺めである。ふんばる価値はおおいにある。

f:id:camecon:20191208142557j:plain

ぜいぜい言って漕ぎながら、横目で絶景を堪能

 どうにかこうにか川向うにたどりつくと、そこはブルックリン。目指すのはsahadi’sのあるアトランティックアベニューである。その前にあまりにも喉が渇いたので、眼の前にあったTRADER JOE'Sに立ち寄ってカットパイナップルを購入。入り口のそこいらに腰掛けて食べる。………うまかった。汗をかいたあとのパイナップル。うまくないわけがない。果物は、物価高のニューヨークにあっても高くない。そしておいしい。

f:id:camecon:20191208143619j:plain

元銀行だったという巨大なTrador Joe’s

 

f:id:camecon:20191208142832j:plain

最近、街案内を置くようになったらしい。便利だし、道に迷ったときだけでなく、行くところを探すのにもよいと思う

f:id:camecon:20191208144700j:plain

老舗食材店、Sahadi's。昔ながらの店構えも素敵

  その昔はマンハッタンのシリア人街にあったというこのお店、ブルックリンに移転してからも新鮮なナッツが買える場所として有名。

店に入ると銀行のように番号をもらって、自分の番が来ると店員さんがつきっきりで応対してくれて、好きなものを好きな量だけ袋につめてくれる。

f:id:camecon:20191209105832j:plain

 ピーカンナッツ、ピスタチオ、各種レーズン、クランベリーなどを大量購入。さらにエシレバターが250g $8という安さだったので、真夏にもかかわらず購入。お店の人に頼んだらたっぷりの氷をくれてありがたかったのだけど、荷物がなかなか大変なことに。同じく、ここで買ったショッピングバッグにぎゅうぎゅうに詰め込み、自転車のフロントにセット。これ、かごではなくてただ荷物をおさえるだけのものなのだけど、使いやすいし安定感抜群でまたCiti Bikeに感心してしまった。

 ちなみにこのショッピングバッグがめちゃくちゃ優秀で、あとで別記事にあげたいと思っております。

 最近はインダストリアルシティという新エリアにも店舗を出し、ここでは中東メニューが食べられるカフェ&レストランもついているとかで、次回必ず行きたい場所になった。

 …というわけで、目的、ひとつは達成です。つづく。