独楽ログ〜こまログ〜

50代、女性、日本人、がひとりで毎日楽しくすごす方法を検証、実践、そして記録。

MENU

こなログ 生ハムサンド

1月17日(火)

曇り

8℃

 

生ハムサンド

やはり過発酵なのだ…こうしてみるとよくわかる

 カルピスバターをたっぷり塗って、生ハムをどかっとはさむ。うまい。すごくうまい。パンの気泡は大きすぎるが…。

 

 久しぶりに原稿を書く仕事をしているのだが、文章を直しても直してもへんてこで困る。衰えたということなのだろうか。夫も、先日お礼の手紙を書かせたらとんでもなく字が下手になっていてふたりで驚いた。書いてないからだ。私も手書きで手紙を書くとすごく緊張する。指をどう動かしていいか、いまいちわからないのである。いろんなところが衰えるなあ。

 午前中、たった1本の原稿を書くだけでへとへとである。それから昼ごはんを作って、またへとへとになって、食事をしたらおなかいっぱいだわ、気が抜けたわ、もう使いものにならない。しかしそうも言ってられないので2時くらいに再開して、うまく書けないわ肩がしびれるわ首が痛いわで、疲労困憊。寒いので6時前には風呂に入る。どんなに温まってもなんとなく寒く、あがるとさらにくたくた。ドラマ『ベター・コール・ソウル』(Netflix)を最後のシーズンの前に一から見直していて、それが一日の楽しみなのだが、すぐに身体が冷えてきて(うちはすごく寒い)、「あー、もう寝たい」と7時くらいから思っている。それじゃあんまりなのでどうにか耐えて、布団乾燥機でほかほかにした布団に飛び込むのが、早くて8時、遅くて9時。寝室は氷のようだが、布団のなかはほかほか。そこに身体を入れる喜びよ。

 …とつらつら書いて、これが至上の喜びって、どういう人生だよ? と思ったりもする。しかし事実だからしょうがない。毎日いろんなことをがんばり楽しんでいるつもりだが、真冬のほかほか布団の上を行くものはそう簡単に現れない。

 いつもつまらないことを書いてるな、と思いながら書くのだが、今日はなかでもとびきりつまらないかも……失敬。

こなログ 佃煮チーズトースト

1月16日(月)

7℃

さむい月曜日

 

佃煮チーズトースト

今回の佃煮は大成功だった

 正月用に作った海苔の佃煮、配合がよかったらしくおいしくてたまらない。これまでに発見したおいしいポイントは、セロリを入れること、えのきを入れること、梅酢(もしくは梅干し)を適度、ごく少量入れること。適当だから黄金レシピが残せないのはだめだ。ちゃんと記録しないと。

 で、そのペーストを塗ってチーズトーストにするとこれまためっぽううまい。

 

キーボード掃除

 打鍵感が心地いいので、HHKBキーボードを使っているのだが(有線です。有線だとめちゃくちゃ安い!)カチャカチャの音を得る代償というのはあって、つまりキーの奥底にホコリがたまる。毎日毛足の長いはたきでなでで、ダスターでふいてもいるが、ゴミが奥に落ちていくのは避けられない。夫が以下のキーボード掃除グッズを買って掃除してくれたのだが、二度目はないらしく「掃除したら?」と言われ続けていた。

 それをついに実行した。どういうきっかけか忘れていたが、腰も痛いし、なんとなく毎日がどんよりしていたので、そういうことを払拭するには掃除が一番、とかそんな理由だったと思う。

上部の金具でキーボードをはさんでひっぱる

www.amazon.co.jp

1個1個はずして、わかるように並べる…めちゃくちゃむいてない作業

↓※注意! 汚い写真です

 

 

 

作業前。見苦しくてすみません…

 キーをはずすだけでかなり疲れた。はずしたら、すごい汚くてうんざりする。掃除機と綿棒できれいにする。これまた予想以上に大変だった。掃除機じゃざっとしか取れないし、綿棒もうまく隙間に入っていかない。しかし踏みとどまってきれいになるまで粘る。きれいにしたあとはキーをひとつひとつはめるのだが、ちゃんと並べたつもりでもうぐっちゃぐちゃ、といういつもの自分のたどる道をこの日もたどる。スマホで配列を検索して、それをにらみながらひとつひとつはめていく。これも思ったより簡単ではない。

作業後! 超きれい!

しかし無事やり遂げた。すごい達成感。この作業をらくらくできるようになれば精神の成熟度もかなりアップするのだろうとすら思える作業だった。さあ明日からはいい文章が書けるはず、とすら思えてくる。お菓子作りでもそうなのだが、冷蔵庫や器具を入れてる棚をきれいにするとやる気が出て、実際、人に頼まれたり作る機会が舞い降りてきたりする。掃除、大事。好きでも得意でもないが。

 

 ちなみに、商品を紹介しようとAmazonで”キーボード掃除”で検索したら、小型クリーナーからジェル、ブロワーまでものすごい種類のグッズが出てきた。こんなに進化してたのか…。驚いていたら、夫が「はずして、ジェルでぺたぺたくっつけるのが一番効率的だよ」と言っている。うちには前からジェルもあったはず。なぜあの現場でそうアドバイスしてくれなかったのか…たしかすぐ後ろにいたけど…。

 

こなログ ピーマンのチーズトースト 

1月14日(土)

くもりのち雨

 

ピーマンのチーズトースト 

なにか載せなければ…ピーマンにした

 ブログが全然更新できず、もう2月になってしまう。記録って大変だ。久々に仕事まみれの日々のため、朝ごはんにやる気がないまま、この日はチーズトーストで、毎日同じじゃなあということでピーマンを載せる。ピーマンは薬味的に使うのが好きです。

 

銀座 鉄板懐石「ふく」で接待の下見

 来週、めずらしく夫がクライアントを接待するというので店を探す。東銀座で、ということでこの「ふく」を見つけたのだが、なにしろ行ったことないので下見をするかー、と出かける。いや、本来の目的は国立近代美術館の大竹伸朗展なのだ。昨年、出かけたのにランチ後にビッグカメラで熱心に買い物してしまったため力尽きて帰ってきてしまったので、今回はその雪辱戦。

 

和だけどモダン、な素敵な店内。
接待は個室だろうけど、個人的にはこういうカウンター席が落ち着く

 いちばんお安い檜コース3850円だったが、銀座でこの値段でこれ? と驚く充実ぶりだった。

美しい前菜。芸術的な少量ぶりにも驚いたが…

トリュフ風味の茶碗蒸しは、なかに具がたくさん!

メインは黒毛和牛

デザートもかわいい。チョコレートアイスとわらびもち

 従業員もたくさんいて、三越裏の一等地で…さぞかし経費がかかるのだろう、とよけいなことばかり考えつつ、いただく。おいしかった。最近、あのNomaがマンハッタン店を閉めるという記事を読んで、その理由が「1コース500ドルもらっても、シェフたちにまともな生活…郊外に家を買って子どもを育てて…をさせられないから。これはサステナブルな商売じゃない」ということだった。同時に、この店は無給のインターンを相当数使っていて、彼ら彼女らも相当無慈悲にこきつかわれている、ということが以前から問題にもなっていたそうな。インターンだけでなくレストラン業界での労働環境があまりに劣悪で、こちらも同様に問題視されていた。シェフがよほどもらってたのか、そもそもこのビジネスモデルは無理なのか。

 

 このあとメインイベントの大竹伸朗展に行こうとするが、「せっかく来たのだから」ということで松屋に行ってデザイン雑貨や家具などを見る。ついでに100万とかする鉄瓶やら、手作りメガネブランドなど、あれこれ見てテンションがあがり、ふだん人混み嫌い・買い物しない夫が「ギャルソンとかないの? 観ようぜ」などと言い出すので、すごいじゃないか! あるよ! ということでドーバーストリートマーケットに連れて行き、上から舐めるように見て回る。若者がたくさんいて、彼らはほぼ全員外人で、日本人はミドルというかほぼシニアな我々世代のみ…。ギャルソンファミリーはもちろん、ラフ・シモンズやJ. W. アンダーソン、GUCCIなど、「洋服ってまだおもしろいなあ!」と感激するものがたくさんあった。夫は試着しまくって思わずkolorの10万のシャツジャケットを買いそうになったりしていたが、どうにかこらえた。おそらく、あまりにもここ数年家にいすぎたことと、ここ1年で10kg痩せて服が似合うからうれしかったのが理由だろう。

 私といえば羽織ることすらしなかった。ちっとも痩せてないから似合わないだろうし、着ても行くとこないしなあと思うと、「かわいい! 着たい!」という気持ちすら湧いてこない。さみしい。それでも気合の入った服を山のように見て、ちょっと美術館のような興奮を覚えた。久々に頭を真っ白にしてモノを見た。

 どうにか1階まで見終わると、「これって、ほぼ美術館めぐりじゃね?」と夫が言い、つまり疲れきってしまい、なんとまた大竹伸朗展は延期されたのである!

 その後、お茶するところを探したが、マリアージュ・フレールだのピエール・マルコリーニだの、「もう高くてもいい。座らせて、素敵な甘いものをだしてくれ」と思って行ったところみな長蛇の列で驚く。えーっ、だってお茶とケーキで3千円超えるよね?などと思ったけど、あれもみな外国の方々なのか…? まあ、それでも賑わいがあるのはいいことだ。日本人の我々は東急プラザに行って、奇跡的に席が空いたシティ・ベーカリーでカロリーのすごそうなピーナッツバターシュークリームとなぜかクロワッサンプレッツェルのツナサンドを食べ、くたくたになって帰宅した。

 いつ会えるのか、伸朗。

こなログ チーズトースト

1月13日(金)

晴れのち曇り

14℃

 

チーズトースト

チーズだけ。基本にかえる

 珍しく仕事がたてこんでブログも書けず。しかも適当なトーストばかり食べているので記録する気もおきないのだが、記録とはいいものも悪いものも記してこそ…。というわけでやる気なく、チーズトースト。「なにもないチーズトーストが食べたいんだ!」というときと「面倒だからチーズだけでいい」ときと、結構分かれる。このときはたぶん後者なのではないか…。だいぶ日がたってるので忘れてしまって、それも記録の意味がないっつうの。

 

鮭といくらの親子丼

鮭の身は各自ほぐす方針です

 皿に載せてて丼じゃないけど…。正月の仕上げはこの鮭親子丼なのだ。近頃はいくらが高くて買いづらいが、ふるさと納税で入手した。鮭も同じく。年末と三が日すぎて普通の価格になった三つ葉もたっぷり載せる。むちゃくちゃうまい…。

 

こなログ たまごチーズサンド

1月10日(火)

晴れ

10℃

 

たまごチーズサンド

もっと具を入れないと映えないなあ

キタノカオリプルマン

 

 いいわけすると、真ん中あたりは気泡が密でした。はしっこはラフになりがちなのか。まあ、めっちゃくちゃ適当な成型してるからなんだけど…。それでもおいしいからすごい。もうこれでいいです、という、こうゆうところがだめなのか、いや幸せでいいのか。

 

たまには手をかけて、クイジナートで卵を細かくしてみる

 フープロにかけるとより細かくて繊細なたまごサラダができる、と知ってはいたけど面倒でめったにしない。が、今日はやってみる。元気なのかな。で、いつもあとで加えるチーズとピクルスも一緒にかけてみた。が、これは失敗だったようで、チーズの味が消えていた…。別々がよいようだ。こんなんで味、変わるのだ。おもしろい。

こなログ 梅サーディントースト

1月9日(月)

晴れ

14℃

 

梅サーディンとチーズのトースト

チーズがあまりにも少なかったので、ハードチーズを別添にする

 

七草粥的なもの

七草粥から遠く離れて…

  7日は過ぎてしまったので翌8日、七草はひとつも入ってない粥を食べる。というか、やっぱりこの頃になると正月に肉の塊とかばかり食べていたから、粥が食べたくなるんですね! それで家にあった白菜、カリフラワー、大根、まいたけ、と玄米&黒米ごはんと押し麦で煮た。草がなさすぎ、と思ったのでセロリも加えた。味付けは覚えたばかりの白だしで。食べながら、味変でポン酢をかける。うまい。むかーし、受験生や二十代の頃、おなかが空くと雑炊を作っていた。米が好きなのね。今は全然食べなくなってしまったが。しかしこの数日、妙に雑炊が食べたい。

 それから鮭の頭も焼いた。鮭ってかわいい顔をしている。頭がもぎとられ半分に割られた顔を見てこんなふうに思うのはアレなのだが。

 

映画

『スティルウォーター』(2021)AmazonPrime

 マット・デイモンは大好きなのだが、好き好きいってなんでも無条件に喜んで観ているとすごい駄作にぶちあたったりして、すこしトーンダウンしていたが、ついに観た。ずーっと観ようと思ってたけど、トーンダウンしてたので後回しにしていたのである。なので全く期待せずに観た。

 …が、おもしろかった。映画ってこういうこと多い。眼力がないということでもあるのだろうが。

 なんだかよくわからないけど愛させてしまう魅力の持ち主、マット・デイモンがルーザー(負け犬)を演じる。ついてなくてやけくそで自暴自棄で、でも今は娘のためにがんばって更生してる。これが、年末に観たベン・アフレックの『ザ・ウェイバック』とすごくかぶった。田舎のルーザーの更生、と簡単に書くとそうなのだが、いまどきは簡単には立ち直らせてくれないんだな…と、どちらも同じ感想を持つ。こういう人が現実にたくさんいるんだろうな、しかし現実の人たちはベンやマットのように魅力的じゃないから、見るのきついだろうな…等々。きつい現実を、素敵な演出やせりふ、そして魅力的な俳優でマイルドにマイルドに加工してそっと提示される。それで受け入れがたいものをどうにか受け入れる準備をする。

 …と、こんなふうに思ってしまうのは自分がだいぶ年をとって「直視しづらい現実」があることを日々実感していることと、最近、漫画『闇金ウシジマくん』を読んでるからだと思う。「現実を知らねば」と覚悟を決めて読んだが、予想通り闇に引きづられて大変だ。6巻でもうへとへと。こんな全くマイルド加工してない現実があと42冊続くなんてちょっと、無理かも。

 

www.youtube.com

こなログ 梅サーディンホットサンド

1月7日(土)

晴れ

10℃

 

正月が終わる…

梅サーディンホットサンド

上から撮ると具がわからない…

 パニーニメーカーでチーズ、梅サーディンを挟んでサンド。うまくないわけがない。正月料理であまったサルサを添える。

 

サクラサク

寒桜? なのか?

 大晦日に買ったときは1個の花も咲いていなかった桜。翌日からぐいぐい咲いて、あげくに葉までできて、1月13日の今も、少々花は散りつつもきれい。すごい。なんか幸先いい感じ。