独楽ログ〜こまログ〜

45歳、女性、日本人、がひとりで毎日楽しくすごす方法を検証。

早朝ルーティンが楽しいのはなぜなのか?

朝は4時半に起きます。夏はやや明るいけれど、冬は真っ暗です。 

f:id:camecon:20161111152127j:plain

最初のきっかけは、以前飲食店の朝番をしていたから。真っ暗ななか、朝なのに電気をつけて、眠気を振り払って起きるという作業が本当に苦痛でした。そもそも、低血圧で年中鬱っぽくて、「起きる」ということが超苦手。寝るの大好き。

 

 そんな自堕落系な人間ですが、どういうわけか、40代をすぎたら、早起き人間になりました。さらにいつのまにか、朝日がなくても起きることができるようになりました。

 暗いうちに起きて、コーヒーを煎れたり野菜ジュースを作ったり、PCを立ち上げたりしているうちにだんだん夜が明けていくというのが楽しくなったのです。いまでは、起きたときにすでに夜が明けていると、がっかりするほどです。

 

 暗い明け方という時間は、ものすごく静かで、でも夜の静けさとは違う、地面の下ではなにか動き始めているといった、始まりの気配が漂います。静けさがさみしさではなく、心地よい緊張感をもたらします。今日一日、大事に生きてみようではないか、という気持ちになったりもします。

 

 むかーし、激しい失恋をした友人が、立ち直るためにイオンで早朝アルバイトを始めた(!)のですが、そのときの彼女も4時に起きてました。「冬なんて真っ暗だよ」。当時はそれを聞いて、酔狂な…と思ったものですが、今ではこんな有り様です。

 飲食店の早番仲間には、4時に起きてる(当時は4時だった)と言うと、以前の私がしたのと全く同じ反応をされたものです。「なんで? 家出るの、7時前でしょ?なんでそんな早く(ばかじゃない)?」

 

 でもやってみると、いいものなんですよ。私は常に激しく好みや習慣が変わる不安定な人間なので、以前はありえなかったことが簡単に大好きなことに変わります。そりゃ“昔から首尾一貫した人間である”にこしたことはないのですが、そうはなれなかったので、今はこの変化をおもしろがることにしています。すぐに好き嫌いが変わる柔軟(?)な性格で、臨機応変に生きていると、毎日が新しい発見だらけです。

 

f:id:camecon:20161111153410j:plain

 4時に起きると、まず台所のカウンターと居間の小テーブルと机をふきんで拭いてまわります。それからお湯を沸かして白湯を飲んでおなかを温めながら、人参りんごジュースを作ります。

 

⇧人参りんごジュースの支度。黒いブツブツは昨晩からりんごジュースにつけておいたチアシード。オーガニックで1kg 1,873円(Amazon)と格安だったので、小腹減り防止目的で購入。毎日大さじ1杯をジュースに入れて、なんと半年近くもってしまった。体にいいような気もするし、なんともないような気もして、次を買うか悩み中……。

 

で、この人参ジュースを飲みながらコーヒー豆を挽き、同時にコーヒー用のお湯を沸かし、コーヒーを煎れている間には、ヨーグルトの支度をします。

小岩井の生乳100%ヨーグルトに、自家製グラノーラと自家製ジャムをのせる。コーヒーが入ると、ヨーグルトと一緒にいただく。これが朝食で、かれこれ17年くらい続けています。あ、野菜ジュースが加わったのは11年くらい前か。 

f:id:camecon:20161111152121j:plain

 

 

 毎日同じことをするルーティンを持つといいことがあると、よく言われています。集中しやすいとか、リラックスするとか。なかなかでてこないやる気を出すきっかけになるとか。「QREATORS」というサイトのインタビューでは 予防医学者の石川善樹さんが、ルーティンをすることで、自分のことが客観的にわかると言っています。

「今日は右腕が重いな、頭がぼんやりしてるな」といった自分の調子が、毎日同じことをすることで比較して考えることができる。自分のことを自分で判断できるというのです。これがないと、人は勝ち負けでしか自分を判断できなくなってしまう、と。

 

 私は毎朝、この作業をちょっとうきうきしながらしています。ルーティンワークというと頭を使わない、おもしろくない仕事の代名詞的な使われ方をしますが、私は朝のこのルーティンが大好きです。これがあるから、低血圧で寝るの大好きな自分が、朝起きられるようになったのです。しかし、かれこれ10年以上、なんで飽きずにこれをやっているのか? なぜ毎朝楽しいのか?

 

  しばらく考えたら、理由が判明しました。単純だった。

 私は、夕飯を食べないので、朝は空きっ腹だからです。おなかがすいて、ああ、はやく食べたいな、と浮かれて支度しているのです。おなかがすいてるから、布団からさっさと出れるのです。

 健康であれば、食欲に飽きることはありません。それはいつも新鮮な欲望としてわきあがります。

 

 毎日が充実していないと、布団から出るのが苦痛です。一時期、鬱が結構深刻化していたときは、起きることが、起きて生活することが、めんどくさくてしかたなかったです。寝る前は、明日はもう起きたくないと真剣に思ってた。

 でも幸い、今は変わったので、毎朝空きっ腹で、よし、ヨーグルトたべよ!と暗いなか起きます。実は、起きて30分くらいは結構眠くて、二度寝しようか真剣に考えながら、しかしどうにかルーティン作業を続けて身体を動かします。そのうち、目が覚めた!という瞬間がきて、それでようやく出発進行、状態になる。

 

  朝のお楽しみを用意しておくこと、考えずに身体を動かせるルーティンをつくること。とりあえずはこれが楽しい毎日の第一条件です。